省エネ設計と快適な住環境を手に入れる|自然素材の家

室内

円滑に売却を進めるために

積み木

練馬区の土地は商用地・宅地ともに多くの需要があります。東京23区内にあり、新興の住宅街なども多くあることからファミリー層などから多くの支持を集めています。特に宅地については世田谷区や中野区、新宿区などに次ぐ価格帯になっており、比較的有利に価格交渉を進めることができるエリアになっています。商業地や宅地以外の土地活用として、コインパーキングなど駐車場として活用する例も増えてきています。商業地や宅地としては面積が狭い場合や立地に難がある場合でも、駐車場の場合は問題なく運営することができるため、積極的に検討材料にしていきたい部分です。練馬区内でも土地活用として駐車場を選択する土地オーナーも多く、駅前や住宅地の中などにコインパーキングを設ける例があります。

練馬区での土地活用について、工夫するべき点として土地があるエリアの特徴をしっかりと把握しておくという部分が重要になります。練馬区でとくに商業地として利用を想定している場合には日中の人通りや商圏エリアの設定、近隣の商業施設や居住する住民の階層や年齢層などがポイントになります。当然、日中の人通りが多い場所や駅などに近い立地、幹線道路の沿線などはそれだけで評価が高くなる傾向にあります。逆に住宅地の場合には静かな住環境や周辺エリアの治安などが重視される傾向にあるため、こちらも事前にしっかりと調査しておくべき項目になります。地域特性をしっかりと把握し、適切な査定額を設定することで、早期に土地の売却先を見つけることが可能になります。